http://tabletpc.comgate.jp/

タブレットPC(Tablet PC)とThinkPad、iPhone、iPadについての情報、活用法、雑談など
[このサイトの使い方] [掲示板] [リンク集] [iPhone/Taiatari] [太郎君の備忘録・付箋] [iPod touch blog]

Google
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
COUNTER
  • 累計 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
iPadがやってきた
iPad
iPadがついにやってきたので、週末はいじりたおしてみた。


iPadの大きさや重さについては、いろいろと意見があるようだけど、実物を手にすると薄さに感激。
大きさもちょうど良いと感じた。
重量は特に重いとは思わなかったけど、外に持ち出そうと考えている人には、少し重く感じるのかも知れない。
しかし、かっこいいです。
持ってるだけで嬉しくなるようなガジェットであることは間違いない。
iPhoneやiPod touchを見た時にも感動したけど、それ以上かも。
並べると手もとのiPhoneが貧相に見えてしまうから不思議。

いま、iPadで執筆中だけど横モードにすると、結構快適にタイピングできる。
指を画面に触れると入力されてしまうので、ブラインドタッチは無理だけど、そこそこ速くタイピングできる。
変換の精度はやや難ありでしょうか。。

とりあえず使いはじめに液晶保護シートは貼っておいたけど、指紋でベタベタです。
iPadの液晶は確か指紋が目立たないような加工がしてあると思ったので、何も貼らなければもう少し目立たないのかも知れないけど、なまじ画面が大きだけに液晶保護シートの選択は気をつけた方がイイかもしれない。
筆者はもう貼ってしまったので、しばらくこのまま使うけど。

画面は異常にきれいです。
同時に購入したDockにおいて写真を表示すると、フォトフレームとして完全にインテリアになってしまう。
ただ、あれですね、iPadは横置きのほうがしっくりくるかもしれないなぁ。
Dockは横置き出来るように作って欲しかったなぁ。

Safariの画面も見やすくて綺麗。
タッチパネルの操作も良好で、ブラウジングならもうわざわざPCを立ち上げることもないと思う。
ThinkPad X200 tabletもタッチパネルだけど、タッチの精度が全然違うのでiPadのほうが断然快適だ。
Safariが一番のキラーアプリと思って間違いなさそう。

他にも、メールやカレンダーなどの標準アプリはすこぶる快適に使える。
ただ、iPhoneでついていたいくつかの標準アプリがiPadでは削除されてるんですね。
電卓や株価チャート、天気予報、時計などはよく使っていたんだけど、なくなってしまって残念。

バッテリーの持ちも前評判どおりで、結構長持ちする。
週末は結構使っていたけど、昨日の夜まで充電なしで使えたので、確かに8時間くらいはもちそうだ。

とりあえず、満足の行く買い物になりそうです。
つぎは、純正以外のアプリなどについて書いてみようかと思います。


早くiPad欲しい
iPad発売が、いよいよ今週末と近づいてきた。
ちなみに筆者はWiFiの32Gモデルを予約しているので、週末にレビューできるかと思います。

いまのところ、ひたすら待つだけですが、最近気になるのはiPad対応のアプリの状況。
基本的にiPhoneのアプリはそのまま動くはずだけど、やっぱりiPadに最適化されたアプリのほうが良い。
メジャーなアプリは徐々にiPadに最適化されたアプリを用意してきているようだ。

ただ、iPadに最適化されたアプリには2パターンあって、iPhone用とiPad用の両方がセットになっているアプリと、
iPad専用のアプリを別途用意しているパターンがある。
使う側としては後者はちょっと困る。
無料のアプリならどっちでもいいけど、すでにiPhone用アプリを購入しているのに、別途iPad用を買わないといけないのは、お財布にやさしくない。
できるだけiPhoneとiPad共用のアプリが増えて欲しいなぁ、少し割高になってもいいので。

iPadが手元に届くまでは、アクセサリでも物色。
iPadは基本は裸で使おうと思うけど、外に持ち出すこともたまにはあるかと思うので、ケースは欲しい。

Amazonで気になったのをいくつか。

カードポケットがついていたり、スタンドのように使えたりして実用性が高そう。
お値段のほうも、まぁまぁお買い得な感じです。
ただちょっと、おおげさかなぁ。


こんなのでも良さそうですが、意外と高い。
色は他にもあるようでオレンジとか結構いいかも。
ただしまうとき、紐を巻くのがちょっと面倒?


こんな、レザーのポーチもあります。
使いやすいそうです。


筆者的にはこれいいなぁ。
シンプルで使いやすいし、デザインも写真ではなかなかに見える。
色も何色かそろっているようです。
もうちょっと安いといいけど。

iPad発売前から、結構あるなぁ。
手元にiPadが届くまで、せいぜいこんなアクセサリでも見て楽しんで待ってようっと。


iPadがAmazonに登場
iPadがAmazonに登場してますね。


iPad vs タブレットPC
Apple iPad 9.7inch タブレット 64GB Wi-Fi (仮称)
Apple版タブレットといわれるiPadとMicrosoftが掲げるタブレットPC、比べていいものかどうか悩むし、そもそもiPadは発売もされていないけど、やっぱり比べてみないわけにはいかないなぁ、ということで。

結論は、まったく別物で比べられません、ということになりそうですが。

筆者はここ数年タブレットPCを使ってきました。
そもそもタブレットPCはMicrosoftがWindows XP Tablet PC Editionというのを出してきたあたりからでてきた言葉だと思います。

あまり知られてないかもしれないけど、Windows XPの上位のエディションで、ノーマルのXPにペン入力機能を追加したのがTablet PC Editionでした。
なので、結局のところタブレットPCはあくまでもマウス操作を基本にしたWindowsの延長線上にあるものなんですね。

Microsoftも力を入れてるのかどうなのか微妙な具合で、一時盛り上がりかけたけど大きなブームにはならず、タブレットPCのラインナップもいまいち充実しないでここまできてしまいました。

タッチパネルで指での操作もサポートされてたけど、どちらかというとペン入力のほうを中心に考えられていたように思う。
使ってみるとあくまでもペンはマウスの代わりとして考えているんだなぁとは感じます。

ペンでマウスでできる以上のことをできるということは、あまりない。
絵を描くときに筆圧を感知して線の太さを変えたりということくらいかな。
じゃあ、ペンは無意味かというと決してそうではなくて、絵や文字を書くのはペンのほうが楽だし、立ち仕事などでマウスやキーボードを置くスペースがないときでも操作できるというメリットがあった。
あとは、通常のノートPCと比べて使う場面の自由度が高くて、立ちながらとか、寝そべりながらとか、タブレットPCはテーブルがなくても割と楽に使えるというのが便利。

Vista以降はTablet PC Editionというのは無くなったけど、タブレットPCの機能は上位のエディションには組み込まれていて地味に進化してます。
最近はiPhoneなどの影響か、だんだんとペン入力より指での操作にスポットが当たることが多くなって、Windows 7なんかではマルチタッチに対応したりして、WindowsのタブレットPCもちょっとづつ変わってきてる感じがしますが、やっぱりWindowsの操作の主体はマウスが基本というのは変わらない。
タブレットPCの方が普通のノートPCよりも絶対に便利だけど、かゆいところに手が届いてない感がどうしてもつきまとう。
たとえば、指でウィンドウを閉じようとすると、閉じるボタンが小さくて押しにくかったりとか、そういうことです。
なので、どうしてもタブレットPC機能はWindowsのおまけ的に思えてしまう。
この辺が、なかなかタブレットPCがブレークしなかった理由なんでしょうね。



じゃあiPadはというとOSにMac OSではなくiPhone OSを持ってきました。
Mac OSにしてほしかったという声も聞こえますが、おそらくMac OSではWindowsのタブレットPCと同じ結果になるでしょう。
もちろん、iPhone OS搭載のiPadはブレークするかというと、それは時が経たないとわかりませんが。

ただ、WindowsをベースとしたタブレットPCよりも、タッチ操作(ペンではなく)前提に設計されたiPhone OSを載せたiPadのほうが使い勝手が良さそうだというのは想像に難くありません。
おそらく操作性はiPadがタブレットPCを凌駕するはずです。

次は操作性以外の機能面で見てみる。
タブレットPC = Windows + ペン・指入力機能です。
普通のWindows PCができることはタブレットPCでもできます。
タブレットPCという付加価値がつくだけで、かわりに捨てるものはない。
当然、価格は普通のノートPCよりも割高になる。

一方のiPadは Mac + 指入力機能 ではないし、iPhoneが母艦となるMacやPCを必要とするように、iPadも単独では使えない。
単独でまったく使えないことはないだろうけど、そういう使い方をする人はあまりいないですよね。
こういうことから分かるように、iPadは単独で完結する製品ではなくて、MacやPCというものがあってこその製品です。
その辺が、一部の人には中途半端感を感じさせるかもしれない。

ここまで書くと、やっぱりそもそもこの2つは比べるものではないんだなぁと感じてしまいます。

でもここまで書いたので、無理に結論めいたことを書く。
iPhoneの小さい画面でも、Webでもメールでも写真でもビューアーとしてはとても快適だった。
とすればビューアーとしては、より画面の広いiPadはさらに快適に違いない。
ビューアーとかサービスを受ける側の道具としては多分iPadはとても使いやすくて興味深い端末になるかなぁと思う。

iPadの大きさはフォトビューアーとしてもちょうど良さそうな大きさで、堀北真希ちゃんの写真を次々に表示して飾っておくだけでも幸せになれる。

電子書籍を読むにもちょうどいい大きさだし、電子書籍はiPadの成功には結構重要なキーコンテンツになりそう。
外に持ち出して電車で使おうとまでは思いませんが・・・。
筆者は電車で使うのは文庫本サイズまでだと思う。
日本では多分すぐには電子書籍は使えないのではと予想されるので、そのほかの部分に価値を見出せない人は直ぐに飛びつくと後悔するかもしれないですね。

他に気になるとすれば・・・
iPhoneなんかは使う人が固定されるのでいいけど、iPadを家庭で共同で使うとすればマルチアカウントに対応して欲しいですが、ないかな。
でも、必要になってくると思うなぁ。

iPadを使う人はiPhoneも持っている人が多いのではないかと予想できますが、そうなってくるとアプリのデータの同期ができるのか気になる。
分かりやすいところではゲームのハイスコアとか同期できるのかとか。


あれもしたい、これもしたい、なんでもしたいという人はやっぱりWindows PCを素直に選択したほうが良い気がします。

ちなみに筆者はThinkPad X200 Tabletを使ってるけど、iPadが欲しい。
Apple iPadを発表
iPad
Apple版タブレットがついに発表されました。

名前はiSlateではなくiPadだそうです。
内容はほぼ事前の予想通り。
突然発表されたら驚いたのでしょうが、予想通りの内容だったのである意味拍子抜け名感じも若干あります。

外見は大きなiPhoneもしくはMacBookの液晶側だけ取り外した感じ。
かっこいいです。

OSはやはりiPhone OSですが、メールやカレンダー、写真なんかの標準アプリは画面の大きなiPad用に改良されていて、ずいぶんと使いやすくなりそう。
iPhone用のアプリもほとんどはそのまま使えるそうで、最初から大量のアプリを使える環境が整うことになります。
iPadで動かす際には画面は拡大して表示することもできるようですが、今後はiPadの大画面を活かした専用のアプリも増えてくると面白いことになっていきそう。

電子書籍を読むためのアプリや配信のためのStoreも予想通りですが、日本の書籍が買えるようになるのはいつになるだろう。

iPadがあれば、母艦となるMacは要らなくなるかなぁと思っていたけど、それはないようです。
やっぱり、基本は大きなiPhoneのようで母艦となるMacなりPCは必要みたい。

で、これはどんな人がターゲットなんでしょうね?
筆者の予想では、iPhoneを持ってて小さな画面で物足りなくなった人が買うのかなぁと。
家ではiPad、外ではiPhoneというような使い分けになるのかなぁ。
どの程度売れるかは未知数ですが、電子書籍の充実度・価格、専用アプリの充実度などによって大きく左右されるんじゃないでしょうか。
でも、iPhone程は売れないでしょうね。
iPhoneは一人一台だけど、iPadは家庭に一台しかいらなそうだから。
実際、子供がいる家庭だとiPadがあるといろいろ面白そうです。
フォトフレーム代わりにも使えそうだし。
筆者のiPhoneには家族の写真やら動画がテンコ盛りですが、筆者がいないと見れないので、iPadに入れておけばいいかなとか。

筆者は多分発売されたらすぐ買うだろうなぁ。
そうすると、今以上にThinkPad X200 tabletの出番が減りそう。
PCはクリエイティブなこと限定で、Webにしてもメールにしてもビューアーという用途にはiPadが便利そう。
いまも、Webとかメールとか見るだけならiPhoneで済ませちゃってるんだよなぁ。
Apple iSlateの期待


このブログでも度々AppleのタブレットPC発売の期待と噂を書いてきたけど、今回はどうやら期待大です。

今週(1/27)のAppleのイベントで新しい何かが発表されるらしく、それがApple版タブレットPCではないか、とはだいぶ騒がれているようだ。
タブレットPCっぽい何かというのは、たぶん間違いないんでしょうね。
名前はiSlateというのがもっぱらの噂で、堅そうな噂です。

大きなiPhoneもしくはiPod touchのようなものではないかというのが、大方の見解のようです。
まぁ、外見はそうなんでしょうね。
問題はその中に何が詰まっているかです。
Appleがただ単に大きいだけのiPhoneを持ってくるわけはないので、画期的なものがいっぱい詰まって出てくることが期待されます。

AppleのOSといえばMac OSとiPhone OSがあるので、まずどっちかということですが、おそらくカスタマイズあるいは進化したiPhone OSでしょう。
iPhone OSはタッチ操作に最適化されているのでMac OSをあえて使う理由もないでしょう。
iPodとiTunes storeで音楽の聴くスタイルを変えて、iPhoneでゲームなどのアプリのマーケットに参入してきたAppleなので、こんどは電子出版でしょうか?
本や新聞の読むスタイルを変えてしまうような物になるのでしょうか。
当然、iTunes Store、Mac、iPod、iPhoneといったApple製品・サービスを巻き込んだものになるんでしょう。

いずれにしても、タブレットPCから入って、今はiPhoneにどっぷりの筆者ですから買わずに済むようなものではないと思われるので、お財布が心配です・・・・。
MacBook購入の巻
昨年からipod touchにどっぷりつかっている筆者です。
touchを買ってからThinkPad X61 Tabletの出番はずいぶんと減った気がする。
なにしろWEBやメールの閲覧はほとんどtouchで済ませている状態になっている。
筆者的にはtouchは理想のタブレットPCに近いかもしれない。
何しろ使い易いんですね。
AppleがタブレットPCを出したら面白いなぁと常々思っていた筆者ですが、思えばtouchこそがApple版タブレットPCかも。

WEBをみるにしてもケータイのような小さい画面でも、とても使いやすく工夫してあって使い勝手は雲泥の差だ。
画面が狭くても見たいところを瞬時にズームできるので小さい画面でも結構快適に閲覧できる。

メールについては最近筆者はGoogleのメールをIMAPで使っているので、PCやtouchなど複数の端末を使っていても同期など面倒なことは気にすることがないので便利に使える。

ということで、特に情報を閲覧するという用途についてはtouchで十分。
さすがにメールとかブログを書くとか、情報を発信するときは厳しいのでそういうときはPCの出番。

あと何より最近は続々と面白アプリが公開されているので、いろいろ物色していると面白い。
新感覚のユーザーインターフェースを活かした面白いアプリを使うとワクワクしてきます。
ということをしていると、自分でも何か面白いものを作れないかぁ、作ってみようかなぁと、調べてみたらiphone/ipod touch用のアプリを作るためのSDKは無償で提供されているそうで、しかもMac限定で、Windowsでは提供されていない。

で・・・考えたあげくに勢いでMacBookを購入してしまった。
Apple MacBook 2.0GHz Core 2 Duo/13.3
Macを買うのは10年ぶりくらい・・・いや、もっとかなぁ。
Macは以前から時々買いたい衝動に駆られていたのですが、ちょうどいい口実ができた感じで。
いやぁMacはやっぱりいいです。
ということで、後日レビューします。

ちょっと、タブレットPCの話題から離れちゃいますが。
一応、本サイトではipod touchもタブレットPC関連ということで・・・。

それとも分家サイトでもつくるかなぁ。

iPhone 2.2アップデート
ipod touch購入後、相変わらずいじりまくっている筆者です。
一時期、ネットブックに興味を奪われてたが、すっかりipod touchに夢中。
実際のところ、touchがあればネットブックの必要性は感じません。
タブレットPCもipod touchのような、使いやすいインターフェースを実現してほしいものです。

で、そのtouchですが先日ファームウェアのアップデートがリリースされたのでインストールしてみた。
劇的な変化はないけど、筆者的にはいくつか重要な問題が解決された。

一番うれしかったのは、筆者お気に入りのソリティアゲームの問題が解決されたこと。
筆者一押しのゲームアプリでSolitaire Cityというのがあります。
これが面白くて暇さえあればプレイしている。
トランプの一人遊びで、Klondike、Free Cell、Golf、Spider、他、多数のゲームが遊べるのだが、グラフィックや効果音などの演出がすばらしく、遊んでてとても気持ちいい。
Solitaire City Liteというフリー版もあってこちらは2種類のゲームだけが収録されており、最初こちらを使っていたのだが、あまり面白いので有料のほうを購入して遊んでいる。
で、これで遊んでいるときにはtouchで再生中の音楽をBGMとして流しておくことができるのだが、ノイズが入るのです。
これが気になってしょうがなかったのだが、ファームをアップデートしたらノイズが入らなくなった。
アプリではなく、touch側の問題だったのですね。

これで一番気になっていた問題が解決された。

ただ、逆にファームをアップデートして困ったことも。
Top100sFlyCastといったインターネットラジオを楽しむアプリがあって、これもなかなか気に入って使っている。
特にTop100sは1950年以降の各年の洋楽TOP100曲を再生してくれるジュークボックス的アプリで、筆者にはかなりキラーアプリだった。
touchは設定によるけど、一定時間たつとスリープモードに入るが、こういったアプリはスリープモードに入っても音楽を再生してくれていたので普通に音楽を楽しんでいた。
が、ファームをアップデートしたらスリープモードに入ると音楽が中断してしまうようになってしまった。
新ファームのバグなのか仕様変更なのかわからないけど、こうなってしまうとこれらのアプリの存在価値がかなり薄くなってしまう。
アプリ側で対策できるようなものなら、アプリのアップデートを待つけど、どうなんだろう。

新ファームでは、他にも細々と改良がされていたりバグが直っていたり、安定感も増したような気がする。
今後もしばらく、ipod touchに夢中になりそうな筆者です。

ところで余談ですが、
キタ印工房というサイトがあるんだけど、ここの作者さん、筆者と似た趣味の方のようです。
このサイト内の絵が、なんか見たことある感じだなぁと思ったら、この方の本が家にありました。
ipod touchとgoogle連携
ipod touch 2Gを買ってから、すっかり気に入ってしまって、暇さえあれば触りまくるようになってしまった。

筆者は最近googleのサービスを利用しているのだが、Gmailgoogleカレンダーをipod touchと同期できると非常に便利だ。

Gmailの方はもともとipod touchから使える
ようになっていて、アカウントの設定さえすれば、簡単にGmailを使えるようになる。
プロトコルもIMAPを使っているようなので、未読・既読の状態やフォルダ(Gmailでいうところのラベル)に分けて管理しているメールもPCの環境と整合性を取って管理できるので非常に使い勝手が良い。
無線LANにつながっていれば定期的にメールを受信してくれるので、自宅などで受信しておけばあとは外出先でもメールを読むことができる。
ただ、自動で受信してくれるのは受信トレイのメールだけで、フォルダに分類したメールまでは自動受信してくれないようだ。
フォルダ内のメールは該当フォルダを見ようとしたときに始めて受信する仕様みたい。
これだけが、ちょっと不便なのでちょっと使い方に工夫が必要かも。

問題はカレンダーのほう。

touchのカレンダーのgoogleカレンダーを同期することは標準の状態ではできない。
Outlookなどを経由して同期する方法もあるようだが、できれば余計な手間をかけずに、直接touchとgoogleで同期したい。
と、思って探していたら、そういうことをできる無料のサービスがあった。
touchには特にアプリをインストールすることはなく、しかもプッシュ型で自動的に同期できる。
もちろん双方向に同期できて、touchで入力したスケジュールもgoogleカレンダーに反映される。
NuevaSyncというサービスですが、これでtouchがさらに便利になる。
このサイトに分かりやすく説明があります。

ipod touch、はやくも手放せないツールになりつつあります。


ipod touch 2Gレビュー
Apple iPod touch 16GB
先日、発表された新ipod touchだが、手元に届いたので昨日〜今日と使ってみた。
これ、いいです。
まず、デザインがきれいで持っているだけで楽しくなります。
旧型と大きくは変わっていないけど、より洗練されている感じ。
iphoneなんかと比べると、コンパクトでデザイン的には良い。
コンパクトな割には意外と持った感じはズシッとしますが、重すぎるということはなく、ちょうどいい重量です。

予約後、製品が手に届くまでかなり時間があったので、待っている間、itunesにあらかじめ楽曲やら動画やらアプリやらを用意しておいたので、早速touchに同期して使ってみた。

まず使ってみると、やっぱりtouchのUIは癖になる
アートワークのCover Flowに代表されるtouchならではのインターフェースはとにかく、心地いい。
使ってるだけで楽しいUIというのは久しぶりの感触。
初めてMacでウィンドウを使ったUIを体験したとき以来かもしれない。
動作もキビキビしていて、今のところ不振な挙動もなく安定している。

で、何はともあれ音楽をということで、音質チェック。
まぁ、こんなもんかという感じ。
旧型より低音が弱くなったという評価もあるようですが、好みの問題でしょう。
耳は慣れるものなので、聞き慣れた音と変わると違和感を感じるものです。
ちなみに筆者は旧型の音は知りません。
これまではウォークマン(NW-S706F)を使っていたが、それと比べてもやはり低音は弱い。

ただ、筆者はNW-S706Fの若干歪んだ感じの低音よりは断然、新touchのほうが好みだ
とはいえ、すばらしい音質とまで絶賛するつもりはありませんが。
もうちょっと、なんというかハリのある音だとなお良かったかなぁ。
うまくいえないけど、音の解像度のようなものがあるとすれば、それもいまいちな気もする。
圧縮のフォーマットとか曲との相性とかもあるかもしれないので、プレーヤーだけの問題ではないのでしょうが。
欲をいえばきりがないけど、とりあえず携帯ミュージックプレーヤーとしたら十分満足の音質です。
ちなみに、イヤホンは付属のではなく愛用のイヤホンを使ってるので、付属のだともしかするとちょっと違うかも。

一応、ipodを冠する製品なので、ミュージックプレーヤーとして考えてしまうが、touchに関してはそれ以外の要素が多く、どちらかというとそれ以外のほうがtouchの真骨頂ともいえそう。
たとえば動画の再生だけど、いままでデジカメで撮り貯めたムービーをtouchに入れてみたが、これが面白い。
デジカメで撮ったものなので、画質的には元々たいしたものではないし、ひとつあたりの録画時間もせいぜい1分から2分程度。
ファイルサイズも大きなものではないので、結構な数をtouchに保存できる。
touchで見るにはちょうどいい。
新型ではスピーカーもついているので、みんなで見てみると楽しい。
スピーカーの音質はお世辞にも良いとは言えないけど、こういう使い方なら十分楽しい。

それとゲームなんかも結構暇つぶしになるかも。

いくつか無料のものをダウンロードして遊んでみたけど、加速度センサーやマルチタッチを活かしたゲームはいい感じだった。
docomoのケータイでも直感ゲームなるものがあるけど、まったく出来が違います。
反応が良いので楽しい。
いくつか面白いアプリを見つけたので、暇をみて紹介します。

podcastなんかも、初めて使ってみたけど結構暇つぶしにちょうど良く面白いのがある。
これもdocomoのケータイでミュージックチャネルなるものがあって、同じようなことをできるので使ったことがあるが、podcastのほうが使いやすいしコンテンツも充実しているので天と地の差だ。
こういうのを購読していると、あっという間にtouchの容量を食い潰していきそうだ。

touchをミュージックプレーヤーとして使うだけなら、本体の容量は少なめで良いかもしれないけど、そうでないなら買うときは大き目の容量のモデルを選んだほうが後悔しなそうです。
というか、ミュージックプレーヤーだけなら、nanoでいいか。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.