http://tabletpc.comgate.jp/

タブレットPC(Tablet PC)とThinkPad、iPhone、iPadについての情報、活用法、雑談など
[このサイトの使い方] [掲示板] [リンク集] [iPhone/Taiatari] [太郎君の備忘録・付箋] [iPod touch blog]

Google
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
COUNTER
  • 累計 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ThinkPad X100eがやってきたヤァヤァヤァ
JUGEMテーマ:コンピュータ

 ThinkPadのレビュー企画に当選して、 ThinkPad X100eを貸してもらえることになって、本日そのレビュー用マシンが届きました。

話を脱線しながら、何回かに分けてレビューしようと思います。
レビュー企画でわざわざマシンを貸していただいたので、いつもより少し丁寧にレビュー記事を書こうかと。。。
ただしマシンは借り物なので、耐久試験とかはできませんのであしからず。。

筆者は長年ThinkPad愛用しています。
記憶をたどると、
ThinkPad 535240s30X30X41 tabletX61 tabletX200 tabletT410sと最後のT410sを除くと、Xシリーズの系譜をずっとたどってきています。
いやぁ、懐かしいです。
Xシリーズは名機や面白いモデルが多いです。

そんななかで、今回借用したX100eは意外とノーマークだったモデルです。
これまで使ってきたビジネス向けのカチッとしたイメージのXシリーズとはちょっと毛色が違って少しあか抜けた感じのするモデルです。

何はともあれ、開梱。
ちなみに届くまで、ThinkPadのどのモデルが借りれるかは分かりませんでした。
あけてみたらブラックのThinkPad X100eでした。
X100e
見てみたらちょっとビックリです。
なにがというと、昔使っていたThinkPad 240に似ているなぁと思って。
大きさとか、質感とか。
ThinkPad 240はもう手もとにありませんが、当時、結構気に入っていた筐体だったんです。
ThinkPadの天板って、だいたいがちょっとザラザラした手触りのピーチスキンが定番ですが、時々ちょっと変わったのがあるんですよね。
ThinkPad 240の天板はツルッとした手触りのものでした。
定番のピーチスキンの天板は独特の手触りと高級感で所有欲を満足させますが、爪で引っかいたりすると傷が付きそうで若干取り扱いに気を使います。
ThinkPad 240のは傷とかが付きにくそうで、あまり気を使わなくて扱いやすい材質でした。
X100eのブラックも似たような材質で全体的なフォルムも240に似ているような気がして、妙に懐かしく、手になじむように感じました。

早速脱線しますが、変わった天板といえば、ThinkPad s30はミラージュブラックがありました。
これはピアノのようなピカピカの黒で結構人気だったと思います。
ただし傷や指紋の址がつきやすいので、納品時には保護用のシールが貼ってあったり、わざわざクリーニング用のシートが同梱されている手の凝ったモデルでした。
ただ、指紋とか傷とかが付かないように神経を使って扱いが慎重になってしまうので、ちょっと扱いにくいモデルではありました。
と、いうわけで、扱いやすさという意味でX100eの筐体はいい感じなんじゃないでしょうか?
今回借りたマシンの黒色はピーチスキンよりも深く濃い黒です。
よく見ると、シンプルですがとてもすっきりとしたデザインで、かっこいいです。
X200シリーズと単に見た目で比較したら、完全にX100eに分があります。
スタイリッシュなノートPCといえばMacBookもそうですが、MacBookが部屋のインテリアにマッチするオシャレなデザインに対して、X100eはあくまでもThinkPadらしく硬派なスタイルです。

ちなみにX100eには他にレッドやホワイトもありますが、同じ材質なんでしょうかね?
ThinkPadはビジネス用のイメージが定着していて、デザインは良く言えば落ち着いていて卒がない感じですが、さすがにずっと使っていると飽きもきていたりします。
そういう意味ではたまにはレッドなんかも使ってみたいですね、筆者はThinkPadをプライベート用に使っているので。

さて、このあたりで新しいThinkPadが家に来たとき恒例のThinkPad積み木です。
下からT410s、X30 、X100eを重ねてみました。
X100e積み木上
T410sはダントツで大きいです。
X30と比べるとワイド画面なので横幅は広いですが、奥行きはX30の方があります。
X100eは後ろにバッテリーが出っ張ってるのが、ちょっと気になりますね。
最近のThinkPadによくある形ですが、筆者はあまり後ろにバッテリーが出っ張るのは好きじゃないです。
出っ張りのないバッテリーもあるようなので、デザインを取るか、バッテリーの持ち時間をとるかですが、筆者がX100eを使うとしたらデザインを重視してバッテリーの出っ張らないのを選びたいです。
そういえば、後ろに出っ張るバッテリーはThinkPad s30のバッテリーもでしたが、s30はバッテリーを折りたたんでチルトスタンドのように使えるギミックがありましたね。
そういうのはもうやらないのかな。
X100e積み木横
厚みは薄いと評判のT410sとほぼ同じくらいです。
大きさ的には、さすがにモバイル向けモデルなので持ち歩きやすく、モバイルに無理のない大きさです。
重量はT410sよりは軽いはずですが、コンパクトな割りにズシッとくる印象です。
T410sは逆に大きさから想像するより、軽く感じて驚きましたが。

今回のまとめ。
X100eはモバイルマシンとしては、ちょうどよい大きさでスタイリッシュなモデルです。
電車のなかで使っても、喫茶店で使っても、違和感なくできるビジネスマンに見えます!!
どこにでも持ち歩きたくなるマシンですね。

さて、次回はもうちょっと使ってみた感想を書こうと思います。
ThinkPad T410sの無線LANが300Mでない
 ThinkPad X410sの無線LANが11nで繋いでいるはずなのに130Mbpsしかでない。
ほかのマシンは300Mbpsでてるのに・・。

ということでいろいろ調べてみたら解決したので、忘れないようにメモ。
原因は無線LANアダプタの設定のせいでした。
デバイスマネージャーでバンド2.4用802.11nチャネル幅の設定を「自動」にしたら
300Mbpsで繋がるようになりました。
初期設定では「20MHz専用」になっていました。
めでたし、めでたし。
iPadが馴染んできた
iPadを買って一月程度経って、ようやくiPad熱も冷めてきた。
もう、すっかり生活必需品になって手に馴染んできた。

やっぱり一番使うのはSafariですね。
使おうと思ったときに、すぐに手軽にブラウジングできるのは便利。
あとはRSSリーダーなんかの使用頻度が高いかな。

最近気になるのは、サードパーティのアプリの対応状況ですね。
iPhone用のアプリが基本的には確かにiPadで使えるんだけど、画面を2倍に拡大表示で使うアプリは、予想通りたいていは使いにくい。
それでも画像が主体のゲームなどのアプリだといいほうですが、文字が主体のアプリだと特に使いにくいし画面も見にくいです。
iPhoneで気に入って使っていたアプリはiPadでも使いたいところですが、iPad対応していないアプリを使うのはちょっと厳しいなぁ。
拡大表示で使うのはアプリがiPadに対応してくれるまでのつなぎとして使おうと思ってましたが、結局iPadに対応している似たようなアプリを探して使ってしまう。
それに、iPhoneで使っていたアプリが近いうちにiPadにも対応してくれるかというと、分からないしね。
iPadの対応も、アプリによってiPhoneと別にiPad専用アプリを出してくるのと、iPhone/iPad兼用のハイブリッド版をだすアプリと2パターンあるけど、iPhoneとiPad両方を持っている筆者としてはできれば後者でお願いしたいなぁ。
iPhoneで買ったアプリをiPad用にまた購入するのは少し抵抗があるんですよね。
iPadのアプリってiPhoneに比べると高いし。。



ところで、iPad用のインナーケースを買いました。
iPhoneもそうだけど、結局iPadもケースなどを装着しないで使ったほうが使いやすいし、かっこいいので、外に持ち出すときや、しまうときだけインナーケースに入れることにしました。
システム手帳風のケースなんかもカッコいいんですけどね、かえって使いにくくなりそうで。。
ということで、買ったのはこれ。


ただしまうだけのシンプルなケースです。
使い勝手がなかなかいいです。
ファスナーなどはなく、スリップインタイプなので出し入れが楽です。
移動時にカバンなどにしまうには、このくらいシンプルなものが使いやすいと思います。
充電のためにドックに入れるときも、ケースをしたままで可能です。
色が黒しか選べなかったのが残念ですが、気に入ってます。

それからちょっと変わった使い方を見つけてしまいました。
iPadをしまった状態で、下のようにするとマウスパッドに早変わりです!
大きさも、素材もマウスパッドにぴったり。ちょうどマウスパッドがなかったので重宝してます。

SANWAケース
ThinkPadT410sレビュー


ThinkPad T410sは使い込むほど、最高のバランスを持ったThinkPadという感想になってます。
今まで使い続けてきたXシリーズは、削るものは削り、残すものは残してチューニングされた最高のモバイルThinkPadです。
ThinkPad T410sはモバイルもできるけど、生産のためのツールとして妥協のないチューニングを感じます。
屋内ではTシリーズ、外ではXシリーズというのが理想ですね。
とはいえ、なかなか両方を持つのは金銭的に苦しいから、内と外のどっちを重視するかで、購入するモデルを選択するのが正解ですね。
筆者は殆ど家で使って、たまに持ち歩く程度だからTで正解かな。
まぁ、はじめてのTシリーズなのでもうしばらく使って、やっぱりXに戻るか、このままTを使うか決めようと思います。

売れてるんでしょうか?
安くはないし見た目派手ではないので、売れてないかもしれないですねぇ。
キーボードの使いやすさとか、実際に買って使ってみないと分からないところがすばらしいマシンだし、店頭でもお目にかかれないしね。

普段あまりPCでゲームはしないのですが、T410sだとタイピングゲームの ゾンビ打が妙に気持ちがいいので、久しぶりにはまっている。
3Dはぐりぐりとスムーズに動くし、なんといってもキーボードが打ちやすいので気持ちいい
サウンドもXシリーズに比べると随分いいし。
でもブライドタッチの腕は、なまっているようでスコアが伸びないです。
ただ、長く遊んでいると左上のファンから熱風が吹き出してくるのが少し気になる。
ファンの音は静かです、いまのところ。

液晶は新しいPCを使うといつも感じるけど妙に明るいです
これは実際に前の機種より明るくなっているのか、前の機種が使っているうちに暗くなっていてそう感じるのか、どっちでしょう。
昨年買ったMacBookの液晶は明るくてきれいだなぁと思っていたのですが、T410sのほうが少なくとも今は明るいです。
ただ、画質はというと解像度はT410sのほうが高いですが、MacBookのほうがきれいに感じます。
ThinkPadはビジネス層向けだから、そんなものかもしれません。
でも、もう手元にないけど以前使っていたSXGA+ThinkPad X61 Tabletの画面はきれいだった印象が強い。今使ってもきれいだと感じるんだろうか。
X61Tはもう2年ほど前のモデルになるけど、実は解像度はT410sより高いんですよね。
縦のドット数も、T410sの900ドットに対してX61Tは1040ドットだから負けている。。

あと視野角はあまり広くない感じがする。
筆者は最近ずっとタブレットPCを使ってきたから、なおさらそう思うのかもしれない。
タブレットPCはその使い方から、当然視野角は広く作ってあるはずだから。

最近はPCのモニタもワイド化が進んでますが、みんなワイド画面って使いやすいと思っているんだろうか。
だんだんと縦横の比率は16:9が当たり前になってきている。T410sは16:10ですが。
比率はともかくとして、縦のドット数が減ってしまうのは情報量が減ってしまって筆者としては使いにくくなる気がしている。
映画とか見るならいいのかもしれないけど、ノートPCでわざわざじっくりと映画を見るなんて筆者はしないし。
無駄に横幅が長くても、ブラウザなんかでも余白が増えるだけで、あまり意味がないんだよね。
Windows7だと簡単にウィンドウを横に2つ並べることができるから、そういうのをうまく利用すれば使いやすくなるんだろうか。
次に出るTシリーズも16:9になるのかもしれないですね。
そうなっても縦のドット数は900をキープして欲しいなぁ、というか増やして欲しいなぁ。

そもそもPCのモニタは横長が当たり前ですが、意外と縦のほうが使いやすい場面も多いというのが、長年タブレットPCを使ってきて、最近ではiPadを使ったりしての実感です。
だって、仕事で作る書類だって大概はA4縦で作るもんねぇ。
ThinkPadT410sレビュー

ThinkPad T410sのレビューの続きです。

指紋センサーはオプションですが、下の写真が指紋センサーです。
t410s指紋センサー
分かりにくいかもしれませんが、センサーの脇に緑のLEDが光っています。
実はこの状態、T410sの電源はOFFの状態なのですが、センサーは活きています。
この状態でセンサーをなぞると、電源ONからWindowsのログオンまで一気にやってくれます。これ、結構楽で便利です。
ただ、休止状態からの復帰の場合は電源は入るんですがWindowsの認証画面で止まってしまうんですね。
筆者はあまりシャットダウンせずに休止して電源を切る習慣なので、この点がいまいちです。なにか設定があるのかなぁ・・。

指紋センサーのほかにも、T410sのキーボードには状態を示すLEDがいくつかあります。
CapsLockや消音、マイク、電源の状態がそれぞれ該当のキーに埋まっているLEDで確認できます。
キーボードライトなんかと並んで地味に便利です。

天板の様子です。
T410s天板
ThinkPadのロゴだけの実にシンプルな天板です。
いつもとかわらないThinkPadのデザインです。
安心といえば安心ですが、若干飽きてきた感じもしないでもない。
この写真のポイントは上部に見えるケーブル。
T410sは電源のコネクターやUSBポートなどが後ろ側についています。
最近のXシリーズなんかだと、後ろにはバッテリーがついているので、拡張ポート類や電源は横面から繋ぐようになっていますが、このように後ろついていると邪魔にならなくて使いやすい。

ちなみにバッテリーは手前側についています。
なので、たぶん重心は手前側によっていると思われます。
以前のXシリーズもそうだったのですが、重心が手前になっていると天板を開くときに浮かないので、片手で開けてよいです。

筆者は初めてSSDを使いました。
確かに速いし、静かです。
問題は容量だけです。いまのところ128Gで十分あまってますが。

スコアはこんな感じです。
t410sスコア
まぁまぁでしょうか?
実際、X200Tabletからの乗換えだと、かなりきびきびと動作します。
グラフィック性能もNVIDIAのおかげで、かなり向上していますが、チップセット内蔵のものでも結構使えそうに感じた。
T410sの売りのひとつでもあるスイッチャブル・グラフィックスはバッテリー稼動状態ではチップセット内蔵のものに、ACアダプターをつなげばパワフルなNVIDIAのものに自動的に切り替わる。
切り替わる際には画面がちらつくので分かります。
タスクトレイのアイコンから手動で切り替えることもできるのだが、一度手動で切り替えるとそのまま固定になってしまい自動的にスイッチしなくなってしまう。
これを自動に戻すのはどうするんだろう。
調べるのが面倒だったのでとりあえず省電力の設定をデフォルト設定に戻したら自動にもどったけど、ほかのカスタマイズした設定も元に戻ってしまった。。


総じてT410sは名機となりそうな予感。
ThinkPadT410sレビュー
ThinkPad T410sのレビューです。

ところで今週末限定でThinkPad T410sのSSDモデルがかなりお買い得になってるようです。ちょっと悔しいような・・。
T410sを買うならSSDモデルが断然お勧めです。


気を取り直して、まず外見周り。
第一印象はでかいっ、でしたがやっぱり机においてあるとそれなりの存在感があります。
厚さは確かに薄いが、そんなに驚くほど薄いというわけではないという印象ですが、下を見るとやっぱり薄いか・・
T410s厚さ
ちょうど家にあるMacBookと無意識に比べているからあまり薄いと感じないのかもしれません。
MacBookと比べたら幅・奥行・厚さともにやや大きめ。
デザイン的にはMacBookの方がフラットですっきりしていて、やっぱりThinkPadはごつくてビジネス用のマシンなんだと改めて感じます。
逆に持ってみるとMacBookがズッシリとするのに対して、見た目よりもかなり軽く感じます。
したは、ThinkPad T410s、MacBook、ThinkPad X30を重ねてみたところ。
T410sサイズ比較

長く使ってきたXシリーズと比較すると、サイズが大きいのが効いているのかタイピングもしやすく、画面も広く、とても使いやすく感じる。
キーボードの感触は感動ものです。
T410sキーボード
T410sのキーボードでちょっと変わっているのはESCキーとDeleteキーが大きいこと。
見たときは変と思ったけど、これが意外とポイント高いです。
よく使うこれらのキーが大きくなっていると予想以上に使いやすい。
当たり前だけど、デスクで使う分にはすべてにおいてXシリーズより使いやすい印象です。
筆者はあまりモバイル用途では使わないので、XシリーズよりTシリーズのほうが向いているかもしれません。
頻繁に持ち歩くとなると、やっぱりXシリーズという選択になるでしょうね。

液晶は可もなく不可も無くという感じ。
特別綺麗というわけでもないですが、悪くも無い。
発色も特に青いとか赤いとか黄色いとかは感じないです。

キーボードの両脇にスピーカーがついているのですが、音は結構いいです。
Xシリーズとは大きさも場所も違うので、圧倒的に音はいい。

次に筆者としてはThinkPadでは初となるタッチパッドについて。
トラックポイント愛好家の筆者としては、必要なのか微妙な機能でしたが、あれば自然に使ってしまいます。
やっぱり無いよりは、あったほうが便利なようです。
最近、MacBookと使うことがあったのでパッドにも慣れていたのですが、MacBookのパッドは大きく、感度もよく、使いやすいんですよね。
T410sのはスペースの関係上、MacBookよりはだいぶ小さめですが、それでもT400よりは大きくなっているようです。
感度は初期状態では、感度控えめの設定となっているようですが、悪くないです。
MacBookで便利に使っていたマルチタッチを利用した2本指のスクロールなどのジェスチャにも対応しているので、なれるとだいぶ便利に使えそう。
トラックポイントとタッチパッドの両搭載はアリですね。

ThinkPad T410s到着

意外と早く、本日、ThinkPad T410sが到着した。
新しいマシンの箱を開梱する瞬間はワクワクしますね。
いざ空けてみると、筆者はずっとXシリーズをずっと使ってきたので、やっぱり第一印象は大きいなというものだった。

とりあえず今はいろいろとセットアップ中です。
ちょっと使っただけですが、キーボードなど使いやすい。
画面もX200Tに比べると広くなって、いい感じ。

いつも新しいマシンを買うと、とりあえず試してみるのがこのタイピングゲーム。


これでキーボードも性能も、まずまずということが確認できた。

それにしても、このキーボード打ちやすいなぁ。

少し使い込んで週末くらいに改めてレビューします。

サッカーが始まったな、応援しないと。。
ThinkPad T410sの誘惑

iPad購入後、思った通りiPhoneとPCの使用機会が減った。
思った以上にiPadが快適で、家の中ではもっぱらiPadを使うようになった。
ThinkPad X200Tをタブレットスタイルで使うことがかなり少なくなってしまったので、いっそPCは普通のノートPCにしようかと。。
で、目についたのがThinkPad T410s
これってTシリーズだけど、XシリーズのDNAを受け継いでいでる感じ。
サイズこそTシリーズだけど、他のTに比べ薄く軽くなっていて十分モバイルも可能。
性能はXシリーズより上という、絶妙なバランスを持ったモデル。
おもしろいというか、気に入ったのが次の点。

バッテリーがかつてのXシリーズのように手前についている。
最近は後ろにバッテリーがついていることが多いけど、手前についていると天板を開くときに本体が浮かないので開けやすいのと、後ろに各種インターフェースが配置できるので邪魔にならなくていいんだよね。
また、オプションだけどGPUにNVIDIAを選択できるのもポイント。
CPUもパワフルなので、かなりハイパフォーマンスを期待できる。
光学ドライブも付いていて、重量はX200Tとほぼ同じ。
サイズは大きくなっても代わりに薄くなっているので、モバイルを考えても十分。

唯一の不安は内蔵のHDDは1.8インチになっていること。
これはX41Tで懲りているし、普段7200rpmの2.5インチに慣れている体にはちょっと厳しいかなという感じ。
ただこれはSSDにすれば、もう死角なしのマシンといえそう。
他に細かいところでいうと、指紋センサーはなぞるだけで電源ONから認証まで一気にやってくれるそうです。
あとはtabletシリーズではなくて地味に不便だったキーボードライトも付いているし、電源ボタンなどにはLEDが付いていて状態が認識しやすいようになっていたり、こまかいところに気がきいているモデルになっているようです。

ということで、物欲に負けて開発用マシンとして購入とあいなりました。
マルチタッチの液晶パネルもオプションで選べるけど、さすがに贅沢かと思い、それはつけなかった。
マルチタッチは便利なんだけどねぇ。
X200Tの経験では、WindowsのUIではまだiPhoneには遠く及ばないという感じなので。。
届いたらレビューします。

こうなると、いよいよX200Tの出番はなくなりそう。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.