http://tabletpc.comgate.jp/

タブレットPC(Tablet PC)とThinkPad、iPhone、iPadについての情報、活用法、雑談など
[このサイトの使い方] [掲示板] [リンク集] [iPhone/Taiatari] [太郎君の備忘録・付箋] [iPod touch blog]

Google
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
COUNTER
  • 累計 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Thinkpad X200 tablet
Thinkpad X200 tabletThinkpad X200 tabletのレビュー記事をみつけました。


ThinkPad X61 Tabletの後継機となるのだろうが・・・。
やっぱりタブレットPCもワイド画面になるんだなぁ。
筐体のサイズはワイドになった分だけ大きくなるみたい。
ということは重くなるのかな?
いまいちですね。
ちょっと見た感じでは、あまり変化は無いように見えるが、よくみるとタブレットモード時にThinkPad X61 Tabletにはあるカーソルキーがついてない。なんで?
液晶右上部のアンテナの出っ張りもデザイン的に気になります。
それと液晶上部の中央(ラッチの下)に何か見えますが、これは何だろう。

いまのとこのフルモデルチェンジしてもThinkPad X61 Tabletから買い換えるほどの魅力はないように思えます。
液晶もワイドになって表面積が増えたとはいえ、SXGA+のThinkPad X61 Tabletと比べると、情報量は逆に少なくなっているはずなので、この点も逆に退化している。

HDDは7200rpmで高速になっているでしょうが、HDDは自分で換装できるしなぁ。
バッテリーは持ちがよくなっているようなので、この点はうらやましいかな。
GPSもつけられるようですが、自宅利用がメインなので筆者的にはあまり興味なし。

日本での発売はいつ頃になるのでしょうね?
発売になればThinkPad X61 Tabletは生産中止になるのかな。飛び込み需要が増えそうな気もする。
HDD交換

先日ThinkPad X61 TabletのHDDを交換した。
一月ほど前にLenovoで240Gのが9千円台で売ってたので、これなら買ってもいいかと購入しておいたものをようやく交換。
ほんとは次はSSDか7200rpmのHDDと思っていたのだけど、結局容量だけ増やして5400rpmのものを購入。

HDDの交換なんて久しぶりですが、以前にもましてThinkPadのHDD交換作業は簡単だった。
純正のHDDだったせいもあるが、本体のネジを一本はずしてあとは古いのを抜いて、新しいのを挿して、作業完了までたかだか2〜3分といったところだろうか。

ThinkPad X61 TabletのHDDは簡単なケースのようなものに収まっていて、それを本体にセットするようになっているのだが、純正のHDDはあらかじめケースに入っているのでそのまま差し替えるだけ。
純正でないバルクのHDDの買ってきた場合は、たぶんケースの中のHDDを入れ替えてから本体にセットするということになるので、若干手間がかかるかもしれないです。
といっても、たいした手間ではないですが。

HDDを入れ替えた後は若干てこずった。
今回はせっかくなので、環境をきれいにしようと思ってリカバリーディスクからリカバリーしてから必要なデータだけ古いHDDから取り出そうと思ったのだが、まず、リカバリーは結構時間がかかる。
DVDからブートしてリカバリーを開始した後はひたすら待つだけなのだが、なかなか終わらないのであきらめて寝てしまった。
たぶん3〜4時間程度はかかったのではないだろうか?

で、次に古いHDDから必要なデータを抜き出そうと思い、手持ちのHDDケースにHDDを入れようと思ったらI/Fがあわない。
そういえば、ThinkPad X61 TabletのHDDはSATAだったんですね。
しょうがないので、今後のことも考えてSATA対応のHDDケースを近所で千円で購入してきて、無事データの吸い上げ完了。

で、一番面倒だったのはAccessConnectionsの設定。
あらかじめ、HDD交換前にAccessConnectionsの設定をlocファイルにエクスポートしておいたので、それをインポートすればいいかと思ったのだが、いざインポートしようとするとファイルが壊れているというエラー。
以前はこの方法でPCを買い換えたときに移行した記憶があるのだが、調べてみると無線LANの設定はエクスポートできないみたい。
だったら、エクスポートするときに教えてほしい・・・。

ただ、ためしに古いHDDの環境に戻すとちゃんとインポートできたので、ファイル自体は壊れてはいないらしく、なにかセキュリティ絡みの防御がかかっているのだろうか。

さらに調べるとAccessConnestionsの管理ツールというのがあって、それをインストールすることで無線LANの設定もエクスポートでき、ほかのPCにインポートすることが可能らしい。
ということで、仕方がないのでいったん古いHDDに戻した後で、管理ツールをインストールしてから設定をエクスポートした。
この場合locファイルではなく、loaファイルというファイルが作成される。
ですが、これがなかなか使いにくくて、作成したloaファイルを新しい環境にインポートするとインポート後に設定を削除できなくなったり、設定の名前を変更できなくなったり。
しかも、インポートすると使用したloaファイルは削除されてしまいます。
んー。
エクスポートする際にいろいろとオプションがあるようなので適切に設定すれば良いのかもしれませんが、結局面倒になって新規で設定しなおしました。

さらに、SystemUpdateを使ってドライバ等を最新に更新したのだが、省電力マネージャーを以前使用していたバージョンに更新できない。
以前使っていたバージョンが定かではないけど、UIが違うので明らかに以前のより古いものになっている。
なんでだろう・・・

と、いろいろありましたが、とりあえずきれいな環境に生まれ変わったので、なんかThinkPad X61 Tabletはサクサク動作するように蘇りました。

省電力マネージャーも、きっとそのうち何とかなるだろう・・・今のままでも実害ないし。

ちなみに今日はpackage Index Serverが一時的に利用できないということで、System Updateが使えません。
どうなってるんだ。
ThinkPad X61 Tablet再修理
以前、修理に出したThinkPad X61 Tabletの液晶隙間ですが、時間がたつにつれて再び隙間が広がりを見せてきた。
以前ほどではないものの、ヒンジの上あたりの液晶とフレームの間に隙間が出てきた。

後でひどくなっても嫌なので、保証期間内にと思って再修理を依頼した。
で、修理の依頼をした直後、準備をしていると突如として指紋センサーがきかなくなってしまった
デバイスが見つからないという。
うーん、なんというタイミング。
いいのか悪いのか。
ともかく指紋センサーもあわせて修理してもらった。

あいかわらずLenovoの修理対応は迅速で、今回も引き取り後二日後には修理が終わったのは流石。
が、それよりも故障しないマシンを供給してほしいところ。

で、修理の内容ですが、液晶の隙間については2回目になるが、ヒンジが硬すぎて突っ張るのが原因ではないかということで、ヒンジを交換したうえで再度接着しなおしてくれたそうだ。
確かにこのところ液晶の開閉時にヒンジのあたりがパキッと変な音をたてていたので、そうなのかもしない。
いまのところ綺麗に治ってるように見るが、これで駄目なら、もう面倒だからあきらめるか。

指紋センサーの方も交換してくれたそうだ。

しかし、今回のThinkPad X61 Tabletは購入直後のモデム故障、液晶の隙間、指紋センサーと、故障が続いた。
はずれを引いてしまったかな。
そんなに手荒に扱ってるつもりはないのですが。

保証期間が切れると心配だなぁ。

やっぱり発売直後に購入するのはやめた方がいいのだろうか。
新しいものにすぐに飛びついてしまうのが筆者の悪い癖。

と考えながらも、Ideapad S9/S10の購入を検討している。

そういえばIdeapad S9は予定を前倒して、今月から市場投入するそうです。
まずは中国かららしいですが。
S10はまだなのかな?
日本ではやっぱり10月なんだろうか。
思ったより安そうだから、速攻買っちゃいそうだなぁ。
いまのところ筆者の物欲はS10よりもSSDのS9のほうに傾いてる感じ。
サブマシンだからあんまりHDDの容量は使わない気がするので。
でも、そうなると今度はEee PC 901-Xの方がいいのでは?
とか、また悩みそうだ。
IdeaPad S9
先日のIdeaPad S10につづき、LenovoからIdeaPad S9の方も発表されていた。

S10との違いは、液晶が8.9inchで小型になっていることと、HDDの代わりに8GのSDDが採用されていること。
他には大きな違いはないらしい。

価格はS9の方が高くなる。
少しでも小さい方が良ければS9を選ぶことになるが、8GのSDDというのは容量的に心もとない。
筆者はS10の方がいいかな。安いし・・・。って買うのか?

まぁ10月の発売までまで時間があるから、じっくり情報を集めて検討することにしよう。
LenovoのミニノートIdeaPad S10
IdeaPadS10タブレットPCとはあまり関係ないですが、最近ブームのミニノートにLenovoも参入するようだ。
前々から、話はありましたが正式に発表されたらしい。
ThinkPadとは別にIdeaPadという新ブランドになるようで、ミニノートはIdeaPad S10というモデル。
デザインもすっきり潔くまとまっている感じですが、トラックポイントはないようだ。
色も黒、赤、白などがあるようだけど、筆者は黒がいいな。
HP 2133 Mini-Note PCが出た時も興味があったけど先立つものがなくて静観してましたが、IdeaPad S10はどうしようかなぁ。
HP 2133 Mini-Note PCは実物を見たことがあるけど、なかなかカッコ良かった。
ただ、ポインティングデバイスのボタンの位置が使いにくそうで気になるのと、キーボードが日本語キーボードでないのがちょっと気になった。
ただキーボードはキーが大きめで使いやすそうにはみえました。
ちなみに日本語キーボードのモデルも出るらしいですね。

そろそろThinkPad240を引退させて、IdeaPad S10を買おうかなぁ。
9月か10月に発売になるようなので、とりあえず費用を捻出しておこう。
いまのところまだ、情報が少ないので今後追っかけてみますか。
分かっているのは
512MB RAM / 80GB HDD($399)
1GB RAM / 160GB HDD($449)
10.2インチ1024 x 600
Atom N270 (1.6GHz)
802.11b/g WiFi
有線LAN
Bluetooth
4 in 1カードスロット
ExpressCardスロット
USB 2.0ポート x2
マルチタッチ対応トラックパッド
厚さ28mm
重さ約1kg
バッテリーは3時間駆動または6時間駆動の2種類
OSは Windows XP

HP 2133 Mini-Note PCより軽くて、バッテリーのもちもよさそうだけど、サイズはやや大きいのかな?
筆者が買うとしたら下位の安いモデルの方だな。
Thinkpad X300の噂
最近ちらほらと目にする超薄型Thinkpad X300の噂。
きっとホントなんでしょう。

18.6〜23.4mmという薄さで、重量は1.3kg程度らしく、MacBook Airの対抗馬になるのかな?
うちのThinkPad X61 Tabletもこの程度のサイズになってくれると言うことないのですが。

これのタブレットPC版ていうのは、でないのかなぁ。

同じXシリーズでも、Thinkpad X60シリーズとはすみわけできそうな感じですが、X60シリーズの方は大きなモデルチェンジとかはないのだろうか。
X30、X40シリーズが共存していた時もそうですが、同じXを冠するモデルが多数あるとややこしいです。

余談だけど、最近Macが気になる。
いままでも時々書いたけど、AppleタブレットPC出さないかなぁ。
液晶下部の隙間-修理完了
ThinkPad X61 Tabletの液晶の隙間の修理が完了して戻ってきた。
相変わらず早い対応だ。
一昨日の午後に発送して、今日の朝には戻ってきた。

で、どうかというと、とりあえず液晶とフレームはぴったりと隙間なく密着しているようだ。
報告書を見ると、LCDフロントカバーの再装着を行ったそうだ。
新しい両面テープで付け直したということかなぁ。

とりあえず、様子見ですね。
しばらくしたら、また剥がれてきたりして・・・。
液晶下部の隙間-その後
以前ちょっと書いたThinkPad X61 Tabletの液晶下部にできていた隙間の話。

ラッチの上あたりにできていた液晶とフレームの間の隙間ですが、以前よりちょっと広がってきた感じ。
フレームと液晶は両面テープで張り付けてあるようだが、もはや両面テープの粘着力はなくなっているようだ。
以前は、液晶を開いたりタブレットモードにしたときに両面テープのネバネバが見えていたがそれはなくなった。
両面テープにはゴミが付着しているようで、両面テープは粘着力をだいぶ失ってしまったらしい。
液晶を開くときなどに多少パコッという感じの音がする。

たぶんこのまま使用していても問題はないと思うのだが、気になるので修理を依頼することにした。
以前初期不良のモデムの修理を依頼したときに、ついでにこの問題も確認してもらったが、そのときは様子見ということでそのまま戻してもらった。
治るだろうか・・・。
さよなら、ThinkPad X41 Tablet
完全にThinkPad X61 Tabletがメインマシンになったので、今まで使っていたThinkPad X41 Tabletはついに手放して、売ってしまった。
ThinkPad X30も持っていたので、どちらを売ろうかと少し悩んだが、ThinkPad X41 Tabletの方を手放した。
高く売れる方ということと、ThinkPad X41 Tabletは将来HDDが壊れると、とても困った状況になりそうなので、こういう結論になった。
我が家のThinkPadはThinkPad X61 TabletThinkPad X30ThinkPad 240の3台になった。
ThinkPad 240がずいぶん長く使っている。
もう、バッテリーもだめでACアダプターを抜くと数秒で落ちるし、モニタも調子が悪いけど、ファイルサーバーとして重宝している。
操作するときはリモートで操作するのでモニタの不調の問題なし。
ThinkPad 240筆者的には名機です。
コンパクトで使いやすく、かっこいい。
もう売れないだろうし、壊れるまで使うつもり・・・っていうか既に壊れてるけど。

ThinkPad X41 Tabletは筆者にとって初めてのタブレットPCで、買ってよかったと思う。
ただ、最後までネックになったのは1.8インチのHDDだった。
使っていて一番気になったのが遅くて容量が少ないHDD、売ることを決めたのも壊れたら後がないHDDの不安が原因。
ということでThinkPad X41 Tabletは2年余りでお別れになった。

ThinkPad X61 Tabletは3年は使いたいなぁ。

X61Tがまた安くなってる
インテルCentrino Duo搭載ThinkPad T60 [120x600]前回のが最初で最後のチャンスと思ったけど、レノボ直販サイトでまたThinkPad X61 Tabletが安くなってるみたい。
今月いっぱいまでらしい。
納期も2週間前後になっているから、だいぶ落ち着いてきたのだろうか。

うちのThinkPad X61 Tabletは、例のIME2007を削除した後は快適そのもの。
バッテリーは思ったより持つようだ。ThinkPad X41 Tabletの倍くらいもつ。
といっても、ThinkPad X41 Tabletのバッテリーはずいぶん使い込んでたから、持ちが悪くなっていたはずなので、あくまで筆者の現状での比較ですが。
普通に使って、1時間半から2時間程度かな。

音も静か。
ThinkPad X41 Tabletも静かだったけど、もっと静かな気がする。
熱も気にならない。
ThinkPad X41 Tabletはときどき熱いことがあったけど、ThinkPad X61 Tabletは快適で、熱いと思った記憶はない。

性能もThinkPad X41 Tabletとは転地の差なので生産性はぜんぜん違う。
一番うれしいのはFirefoxがサクッ起動できること。
一番良く使うアプリなので。

最近ちょっとだけ気になること・・。
タブレットショートカットメニューの設定でデジタイザー・ペンの取出し時に、スタンバイ・モードから復帰させるという設定があるけど、チェックしてもペンを取り出したときに復帰してくれない。
うちのだけ?
たいしたことじゃないですが・・・。

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.